ハゲの原因は?

男性が悩むことに薄毛や性的なコンプレックスが強いという印象が強いですが、M字ハゲは
その中でもコンプレックスと思う人が多いようです。そもそもM字ハゲになりやすい人とその改善策はないのでしょうか?

 

M字ハゲになりやすい人

  • ストレス
  • タバコ
  • 目の疲れ
  • お酒
  • 睡眠不足
  • 生活習慣
  • 頭皮が汚れている

これらのことは、仮にご存知の方も多いはずです。言葉ではなんとでも言えるけど、実際に行動に移すとなるとなかなか続かないのが怠け者の人間ですよね。それじゃ、諦めないといけないの?と思われますが、そんなことはありません。抜け毛・薄毛・M字ハゲに共通することは、毛穴が塞がっていることがほとんどだからです。

 

M字を治すには「蒸す」ことが大切

毛穴が塞がるとは?

「塞がっている毛穴を開ける。」という言葉は、女性の間では当たり前に行われていることですが、男性では知らない人が多いのが現状です。毛穴が塞がる理由は、汗に原因があります。男性の場合汗をかく人が女性に比べて圧倒的に多いのです。その汗は、頭皮の細菌増殖に理想的な環境となり、頭皮の炎症から毛穴を塞いでしまうのです。


 

毛穴を蒸すことで毛穴が開く

では、この塞がった毛穴を開けるにはどうすればいいのでしょうか?それは、蒸しタオルで蒸すのが費用的にも安く気軽にできるのでコスパが良い方法です。女性だと毛穴を開ける美容器を購入していますが、正直器械に頼らなくても蒸しタオルで十分です。毛穴を蒸すには、お風呂の蒸気や、蒸しタオルを頭皮に当てるのが効果的です。


 

M字ハゲの原因は細菌増殖


男性が頭から汗を流すとき、前頭部の生え際から汗がでてきます。特にM字ラインは男性型脱毛症(AGA)の主な原因となっているDHT(ジヒドロテストステロン)が影響を受けやすい場所なので、頭皮ケアをしておかないと毛穴が簡単に塞がってしまいます。

 

植物と頭皮は同じです!


そのため、いくら睡眠時間やタバコ・食生活を正しても、根本的な毛穴が塞いでいたら産毛が生えてくる場所がないのです。

 

その点でいえば、植物と同じですね。いくら良質な土でも、表面をコンクリートで埋められていたら芽がでる隙間がないですよね?栄養剤を外から与えてもコンクリートがあると土まで行き届きません。

 

1993年にアメリカで行われた実験

カリフォルニア大学バークレー校で実際に行われた実験です。これは、薄毛を悩む被験者89人に行われました。Aグループには育毛剤を使う前に、頭皮を蒸すためにサウナやお風呂に長時間入ること、Bグループには、頭皮を蒸さないで寝る前に育毛剤を使うこと。その結果ですが、5年後に再度調査を行ったところ、Aグループの育毛剤を使う前に「蒸す」という行為を行ったグループが、Bグループの蒸さないグループより99.7%の被験者が「治った」という結果が出ました。この実験でわかるように、「毛穴を開ける」という行為が髪の毛を発毛する上で大切なのがわかりますね。


 

いつ蒸せばいいの?

「髪のゴールデンタイム」という言葉を知っていますか?髪の毛の再生が活発に行われる時間なのですが、22時ー2時の間です。理想はこの時間に寝ることが髪の毛の再生にとてもいいのです。ゴールデンタイムの間に、頭皮を蒸す。そして育毛剤をつける。たったこれだけで1ヵ月後には産毛が生えてくるようになります。


 

育毛剤は副作用に気をつけないと皮膚が被れたりします。特に飲む育毛剤で有名の、育毛サプリのプロペシアはおでこに出来物ができたり心臓の鼓動が速くなるという副作用報告があるようです。詳しくは、下記を確認してください。

 

女性用育毛剤、柑気楼(かんきろう)を使う手も!

女性用育毛剤で人気のある柑気楼(かんきろう)を使うこともおすすめします。柑気楼(かんきろう)は頭皮のダメージをゼロにするといわれている柑橘をふんだんにしようしているため、多くの男性も使っているほどです。

 

これまでにも俳優夫婦も使っていたりとするのでその実績は間違いないでしょう。柑気楼(かんきろう)は発売されてもう7年以上たちますが、それでも人気は衰えません。それだけ柑橘の人気は落ちないということでしょう。

 

 

 

M字ハゲが治らない!病院にいくべきか悩みますよね。進行していること、そして抜け毛や薄毛に悩んでいること。この事実と日々闘っていることでしょう。ある日シャワーを浴びていると排水溝が詰まっていることに気付きました。なぜだろうと排水溝を開けてみるとそこには私の抜け毛がドッサリと詰まっていたのです。もともと剛毛でまさか自分の頭髪が弱くなるなんて、しかもM字はげなのでかなりショックを受けました。周りからは笑われるし、治らないとみんなに言われます。

 

その日から気にして髪の毛のチェックをし出しました。もちろん病院も視野にいれていたのですが、恥かしいので辞めました。やはり若い頃とは違い髪の毛も弱弱しくなっていて細くなってきています。と同時におでこのM字部分もうっすらとしてきていたのです。自分では確信が持てずに友人などに「俺、髪薄くなってる?」と問いただしてみるとやはりかなり薄くなっていると返答が来ました。最初に手を出したのが薬用シャンプーです。テレビコマーシャルでもちょくちょく見かけていたので購入してみました。

 

頭皮がスッとして使うと心地よいです。それでもM字はげは治らないまま。次に薄毛治療の病院に行きました。病院ではカウンセリングを受けてプロペシアというお薬を処方していただきました。これは毎日一錠好きな時間に飲めば良いので頑張って服用しています。年単位で飲み続けると効果は目に見えてくるらしいので暫くは服用してみようと思っています。こうして私の奮闘記はこの後何年も続くことでしょう。

更新履歴