幼少期におけるハゲの原因にはいくつかあります。遺伝的なもの,生まれつきの疾患,ストレス性,一時的な病気など様々な理由があります。
それぞれの原因について焦点をあて,いじめとの関係性を考えていきましょう。

 

遺伝的なもの,生まれつきの疾患の場合

生まれつきの場合,幼馴染など近所づきあいのある子供は理解があり,周囲の親御さんも自分の子供に対して理解を深めさせようと教育をおこないます。幼稚園(保育所),小学校,中学校への進学をした場合,地元であれば昔からの付き合いがあるので理解があり,いじめにつながることはないと思います。

 

しかし,引っ越しをしたり違う環境での生活がスタートすると,周囲の環境へ理解してもらうには時間が必要です。また,子供には思春期や反抗期がありますので,いじめる側もでてきやすい環境にあると思います。

 

 

ストレス性

 

子供の日常生活に過度なストレスがかかると,それが原因で脱毛症になるケースがあります。いじめや受験勉強,家庭内環境により精神的なダメージを受け,脱毛という症状が起きます。脱毛という結果が原因で,子供同士や学校の同級生内でいいめが深刻化する場合があります。

 

そうなった場合は,なにがストレスの原因かを見極め,子供のストレスを取り除く必要があります。保護者,学校の先生などがいち早くケアにあたり,本人の保護や治療に専念する必要があります。ストレス性の脱毛は一時的なもの(個人差があります)が多いので,いずれは症状もいじめも落ち着くことだと思います。

 

 

一時的な病気が原因の場合

これは周囲に理解を求めるしかありません。子供なら小学校や中学校などの環境が1日の生活のメインとなりますから,先生と親が連携をとる必要があります。一時的な病気の場合は,回復に向かうことが確かですから,その期間は入院したり,休ませたりすることもできます。いじめが起きず,周囲の理解があれば気持ちよく学校へ通えるでしょう。

 

 

まとめ

子供の脱毛には上記のように様々な要因がありますが,イジメの場合,一貫して言えるのは単純に「ハゲていること」が原因でおこなうことがあります。もし,@〜Bの理由を深く理解できていたら,子供同士でも同情することができます。

 

それができず,ただ,いじめることしかできない子供たちには,こちらから付き合いを避けることをお勧めします。理解してくれる友達や同級生は必ずいますので,そちらのコミュニティーを大切にするべきだと思います。