紫外線の性質と頭皮トラブル

紫外線は頭皮と髪の健康を損ないます。その影響は意外に大きく、炎症や皮脂酸化などの頭皮トラブルにより、発毛機能の要でもあるも母細胞にまで悪影響が及び、場合によっては切れ毛や抜け毛などの薄毛状態を引き起こすこともあります。

 

紫外線が肌に悪いことはよく知られていますが、実は毛髪や頭皮にも悪影響を与えます。紫外線とは太陽光に含まれる波長の短い光線で「UV-A」「UV-B」「UV-C」に分類されます。肌にとって有害とされているのはUV-AとUV-Bの2つです。

 

紫外線が肌に及ぼす被害で考えられる要素は「活性酸素の発生」と「たんぱく質の破壊」です。活性酸素は有害な紫外線から肌と人体内を守るために発生し、肌に当たる紫外線の強さに比例して強くなる性質があります。本来は人体を守るために発生する活性酸素ですが、あまりにも紫外線を浴びている時間が長過ぎたり、紫外線の量を多すぎると、多量に発生した活性酸素によって自らの体を傷つけ始めてしまうこともあるのです。

 

過度に増えた活性酸素は、頭皮のバリア機能である表皮やコラーゲンを酸化させて破壊し、頭皮はむき出しの状態になり乾燥します。こうなると頭皮を守るために、皮脂腺からいはつも以上の皮脂を分泌させ保護しようとします。こうなってもまだ紫外線に当たり続けていると活性酸素は出続けて皮脂をも酸化させ、さらに頭皮環境を悪化するのです。

 

この時に現れる症状が「乾燥」や「炎症」です。また、活性酸素は発がん性をもつ物質ですので、皮膚がんという深刻な事態を招いてしまう可能性も高まります。

 

荒れたり炎症を起こした頭皮には角質ができ、細菌やカビの住処にもなります。皮膚病に進展してしまえば、頭皮の皮膚組織にある、発毛器官である毛母細胞も無事ではいられなくなり、抜け毛や薄毛の症状が現れることもあるのです。

 

紫外線被害を防ぐ方法の基本はとにかく陽の光を受けすぎないことです。それには太陽光に含まれる紫外線の性質を知ることが先決です。一般的に紫外線は真夏が最も多いと思われがちなのですが、実は5月から6月が最も多いのです。そして油断しがちなのが「梅雨の時期」です。紫外線は雲では減少せず、また日光が弱まっているからと安心してU対策をせずに外出してしまい、多くの紫外線を受けてしまいがちなのです。

 

普段からできる紫外線対策は?

もちろん日差しの強い真夏も注意しなければなりませんが、基本的には冬であっても、肌トラブルを起こすのに十分な量の紫外線は地表に降り注ぎます。時間帯は朝の10:00からお昼の2:00頃までが最も強いので、できることならこの時間帯の外出は控えたいものです。

 

紫外線の性質は特別で、帽子などの布や毛髪などを貫通して肌に届いてしまいます。紫外線対策を考えるならば帽子や日傘も「UV加工」をしてあるものを選びましょう。そして頭皮では毛の生え際や髪の分け目など、毛の薄いところが特に被害の出やすい場所ですので、頭皮用のUVケア用品を使う場合には特にこの部分を念入りにしておくと良いでしょう。

 

また、炎症を抑えるアフターケアも大切で、仕方なく外出して帰宅したときには、顔や他の部分同様にクールダウンし、保湿成分のある化粧水やローションでケアすることも忘れてはなりません。

 

毛髪が邪魔をして確認しづらい頭皮は、トラブルが起きても気づきにくいものです。知らぬ間に症状が進行してしまうので予防とケアをこまめに行いましょう。